2018年10月31日

“さようなら”は、あいさつではない?


今日は、『モヤモヤすること』(副題:どうでもいいかもしれないけど、ちょっと気になる疑問を徹底調査)のモヤモヤコラム【“さようなら”は、あいさつではない?】からです。





【“さようなら”は、あいさつではない?】


現在は、別れのあいさつの言葉として使われている“さようなら”ですが、本来なら“それでは”、“じゃあ”などと同じように、それまでの話を打ち切り、話を変えるときに使われるべき言葉なんだとか。

「さようならば、また明日ね」などと言うところを、“さようならば”と言わずに、“さようなら”で止めて、別れのあいさつになったんですね。





※実は私、この「さようなら」という言葉を使うのが、この意味を知るまでは、とても苦手でした。

なぜなら、なんとなく『もう二度と会えなくなるんじゃないかな』と、思ってしまうからでした。

ただ、この意味を知ってからは、あまり抵抗なく使えるようになりました。

今日で10月に‘さようなら’で、明日から11月に‘こんにちは’です。

1年間って、あっという間ですよね。

本日も、ありがとうございました。



この記事へのコメント
左様ならばこれにて御免
とか
しからば御免
という使い方のようです。

現在はでいうなら
それでは、
それじゃ、
いずれにしても、別れるときによく使います。
Posted by クラケント at 2018年10月31日 10:45
クラケント様

訪問、ありがとうございます。

沢山の使い方があるようですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞ー at 2018年11月02日 18:17
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。