2018年11月01日

ご存じですか? 雑損控除と災害減免法


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【ご存じですか? 雑損控除と災害減免法】を紹介致します。





災害によって住宅や家財に損害を受けたときは、税金面で手当てがある「雑損控除」、また「災害減免法による所得税の軽減免除」の制度があります。今回はこれについて紹介します。

まず、「雑損控除」は、災害のほか盗難、横領による損失も対象になりますが、「災害減免法」では震災、風水害、火災等の災害による損失に限られています。

対象となる資産の範囲も異なっています。
雑損控除では「生活に通常必要な資産」に限られ、災害減免法では「住宅」や「家財」のみが対象とされています。

いずれも、別荘や貴金属類、書画、骨とう等で1個または1組が30万円を超えるものは対象外です。

さらに、災害減免法では、損害額が住宅や家財の価額の2分の1以上であるとの要件が付されています。

雑損控除と災害減免法はいずれか有利なほうを選択できます。損害額が同じでも、どちらを選択するかで軽減される税額が異なってくるので、どちらが有利かあらかじめ算出しておくことが必要となります。

計算方法は次のとおりです。


■雑損控除
次のいずれか多い方が控除額。
・〔損害金額−保険金等により補てんされる金額〕−所得金額の10分の1
・〔損害金額−保険金等により補てんされる金額〕のうち災害関連支出の金額−5万円

■災害減免法
・その年の所得金額500万円以下……所得税全額免除
・その年の所得金額500万円超750万円以下……所得税の2分の1の軽減
・その年の所得金額750万円超1000万円以下……所得税の4分の1の軽減

ちなみに、所得600万円、夫婦子ども2人(子どもは16歳以上でうち1人が19歳〜22歳)のケースで災害損害がないときの所得税が28万200円とした場合、雑損控除を適用した場合の所得税(および復興特別所得)の額は、次のとおりとなります。

・損害額100万円の場合 21万7900円
・損害額200万円の場合 11万5800円
・損害額300万円の場合 5万6600円
災害減免法を適用した場合は、損害額100万円、200万円、300万円の場合のいずれも所得税等は14万100円。

したがって、このケースでは損害額が100万円の場合は災害減免法、200万円、300万円の場合は雑損控除の適用が有利となります。

雑損控除とどちらが有利か迷う場合は税務署や税理士等の専門家に相談してください。





※様々な法律があるんだなと、思いました。

自分にとって必要な法律は、しっかりと把握しておくべきですね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。



この記事へのコメント
難しくて最後まで読みきれなかったです。
Posted by クラケント at 2018年11月01日 15:53
クラケント様

訪問、ありがとうございます。

確かに、難しいジャンルでしたね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞ー at 2018年11月02日 18:35
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。