2018年11月08日

「親バカ日記:次男の運動会」


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【「親バカ日記:次男の運動会」】を紹介致します。





【「親バカ日記:次男の運動会」】



親バカ日記。次男の運動会編。

先日、幼稚園の運動会がありました。

かけっことかリレーとか、ダンスとか競技とか。


年少と年長だけの幼稚園だから、半分以上は出番。

撮るのも大変で、カメラを持つ手を休める暇がありません。



かけっこを見てて気づいたんですが、次男は、ゴールだけを見てまっすぐに走ってました。


隣を走っている子とか、応援している親とか、そんなん気にするそぶりもなく、まっすぐに。


自分のやれることを全部やる。他の人はどうでもいい。

みたいな感じかな。


だからか、リレーとかで自分のチームが負けても、そこまで悔しがりません。

やり切ったから、あとは仕方がない。というふうに見えます。


長男はリレーで負けたとき、泣いて悔しがりました。

アンカーだったこともあるんでしょうけど、自分の力だけではどうしようもなかったことも、悔しかったのかと思います。


長男にはかけっこの時も一番になるところを見てもらいたい、そんな気持ちが見て取れます。



兄弟なのに、ぜんぜん違う。


何を書きたいかというと、どっちもすごいという、親バカぶりを書きたかったんです。



「親バカ日記:次男の運動会」でした。

子どもたちを見ていると、発見と気づきと振り返りをやっている感じです。

あー僕も昔はこうだったー

みたいな。





※自分も子どもだったのに、大人になってから子ども達から学ぶ事、沢山あります。

いずれも、純粋で真面目で真っ直ぐでひたむきな姿です。

そんな姿を見て、大人は『かつて備わっていた、こうした感覚』を、取り戻す必要があると思います。



この記事へのコメント
ほんと、そうです。
Posted by クラケント at 2018年11月09日 07:43
クラケント様

訪問、ありがとうございます。

私たちは、子どもの頃の事、思い出して頑張れば、いい世の中になると、思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞ー at 2018年11月15日 21:29
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。