2018年11月11日

「へなちょこの自分」


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【「へなちょこの自分」】を紹介致します。





【「へなちょこの自分」】


ここ10年、いろんな本を読みました。

特にこの5年、人生でいちばん勉強のための本を読んでいると思います。

勉強をしたいと思ってしています。

大きな影響を受けた本の中には、高校生向けとされている自己啓発本もあります。

高校の時に出会っていたらと思わないでもないですが、出会っていても、あの頃の自分だったら、まず読みません。

読んだとしても「ふーん、で?」みたいな感想だったと思います。

タイミングってあるんだと思います。

今だから、今の自分だから。

へなちょこだった時も、今の自分につながっている。

そう思えるから、過去の自分を肯定できるようになりました。

こういうことを教えてくれた本でした。

高校生の自分が勤勉だったら、今の自分には、なっていないわけですから。

へなちょこの自分でよかったとさえ思えます。





※如何でしたか!?私も同感です。

早く出逢っても『その頃の自分』には‘備わっていない器’だった、ということなのですね。

本日も、ありがとうございました。



この記事へのコメント
加藤諦三、庄司薫、星新一、下村胡人………懐かしい作家の名前を思い出しました。
Posted by クラケント at 2018年11月11日 09:26
クラケント様

訪問、ありがとうございます。

加藤諦三さんの本は、よく読んでいました。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞ー at 2018年11月15日 21:40
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。