2018年11月21日

野茂英雄の決断の裏側


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【野茂英雄の決断の裏側】を紹介致します。





野茂英雄さんをご存知でしょうか?

読者のあなたは、きっと、ご存知だと思うのですが、初めて大リーグで活躍した日本人。

言ってみれば、日本人大リーガーのパイオニアです。
(先日、20代の方と話をしていたら、野茂英雄を知らない、と言われたので一応の説明です)

野茂英雄さんが大リーグに渡る話を、NHKスペシャルでしていました。

その中で、とても印象的だったのが、彼が大リーグへ行く、と決めた時のこと。


大リーグのスーパースター達が日本にやってきて、日本の選抜チームと試合をする日米野球で投げた時。

「あとで、すごい怒られたんですけど、ストレートばっかり投げたんです。で、セシル・フィルダーと、もう1人に、ごっついホームランを打たれたんですよね」

インタビュアーが質問します。
「その時に得た感触というのは、やれる、あるいは、まだまだと思った、どちらですか?」

それに対して、野茂さんはこう答えました。

「いや、やりたいと思ったんです。レベルの高いところでやりたいな、と」

「やれる」でも、「まだまだ」でもなく、「やりたい」。


私は普段、講座の中で、
「できる、できない。稼げる、稼げない。あまり興味がありません。やりたいかどうかを知りたいです」
という質問をします。


できるけど、やりたくないこと。稼げるけど、やりたくないこと。

ありますよね?


私にとっては、会社員生活が、まさに、この2つに当てはまりました。


そして経験上、この2つは続きません。
続かないことは、成果も出ません。


いま、迷っていることや、行動が加速しないことがあったら。

そもそも、「やりたいことなのか?」を、もう一度、ご自分に問いかけてみてください。





※そうですよね!

野茂英雄さんが、メジャーリーグに行くと言った時、日本球界をはじめ、マスコミに叩かれたのを、今も覚えています。

誰が何と言おうと『やりたい事をやる』のは、鉄則ですね。

皆様は、やりたい事を、やっていますか!?

最後までお読みくださり、ありがとうございました。



この記事へのコメント
このコメントをしている野茂さんの番組見てました。トルネード投法は野茂さん以外見たことないです。藤井寺球場や日生球場に応援によくいきました。
Posted by クラケント at 2018年11月21日 12:03
クラケント様

訪問、ありがとうございます。

この野茂さんの番組、ご覧になっていたのですね。

‘打たれて、その気になる’強い精神は、見習うべきですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞ー at 2018年11月22日 08:03
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。