2018年11月30日

「学習」と「勉強」の意味と違い


今日は、インターネットで検索して調べた【「学習」と「勉強」の意味と違い】を紹介致します。





「学習」と「勉強」、今まで同じ意味として使ってきた人も多いと思いますが実はこの二つには明確な違いがあります。

両方とも「学ぶ」という点では共通していますが、何を学ぶか?という点で「学びの範囲」が違ってきます。

「学習」とは・・本人を取り巻く物事から学び、行動が変わること。

学問に限らない!

例えば、犬を触ろうとして噛みつかれたら、その人は犬は怖いから触らないようにしようと学習します。

このように、学問以外からでも人は「学習」をします。

創味シャンタン使うだけで、料理はメッチャ美味しくなるから創味シャンタンは必ず料理にぶち込もう!と人は「学習」するわけです。


「学び」+「習う」=「学習」


実は人間だけでなく動物も「学習」を行っています。

心理学の用語としても「学習」は使われる。

「パブロフの犬」という「条件反射」の実験が良く知られていますよね。

心理学的には「行動」が変われば何かを学んだと考えられています。


生活の全てから人は何かを「習い」そして「学ぶ」ことができるのです。


「勉強」とは・・学問に力を注ぐ行為のこと。

「勉める(つとめる)」+「強い」=「勉強」(強く勉める)

受験対策は「受験勉強」と言いますよね。「受験学習」とは言いません。

受験に学生たちは必死になって挑む訳ですから「勉強」が使われます。

ちなみに、動物は「学習」できても「勉強」はできません。


〔まとめ〕

「学習」という概念は習う物事の対象範囲が広い。⇒「様々な物事」が「習う」対象

「勉強」という概念は習う物事の対象範囲が狭い。⇒「学問」だけが「習う」対象





※皆様、如何でしたでしょうか!?

いくつか出ていた内容の中で、一番わかりやすいのを選びました。

以前から、この二つの違いを、知りたかったです。



この記事へのコメント
違いがわかりました
Posted by クラケント at 2018年12月01日 11:28
クラケント様

訪問、ありがとうございます。

私も今回、勉強しました。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞ー at 2018年12月01日 15:13
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。