2018年12月19日

フレディ・マーキュリーの失望


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【フレディ・マーキュリーの失望】を紹介致します。





ボヘミアンラプソディーという映画をご存知ですか?

70〜80年代にミュージックシーンを席巻した、イギリスのバンド、クィーンと、そのボーカルのフレディ・マーキュリーの自伝映画です。


先日、妻と2人で見に行ったのですが、本当に良い映画でした。

ストーリーも面白く、歌は、フレディ・マーキュリーの原曲そのまま。

正直、クィーン世代ではないのですが。
それでも知っている曲ばかりで、とても満足できました。


その映画の中で印象的だったシーンがあります。


フレディ・マーキュリーが、もっと自由にやりたい!と、ソロ活動をしたものの、満足できる曲が作れず、バンドメンバーに
「クィーンを再開したい」
と謝罪した時のこと。


「ソロでやるのに、一流のギター・ベース・ドラムを入れてみた。でも、ダメなんだ。

俺が作った曲・歌詞に、誰も意見も、反論もしてくれない。提案もしてくれなかったんだ、、、」


歴史に名を残すほどの、圧倒的な才能を持つフレディ・マーキュリーでも、1人で名曲を作り出すことは出来ない。



「意見・反論・提案」
をしてくれる人があなたの周りにいますか?!





※如何でしょうか?!

昨夜、長時間お話をしていた営業マネージャーさんも、企業経営者の方から叱咤激励されると、おっしゃっていました。

皆様は、意見・反論・提案してくれる人が、周りにいますか?!



この記事へのコメント
ある意味、悪口は苦言です。
Posted by クラケント at 2018年12月19日 23:45
クラケント様

訪問、ありがとうございます。

『悪口=苦言』

そうかもしれないですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞ー at 2018年12月21日 11:51
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。