2019年01月18日

道後温泉本館、修繕工事始まる


今日は、読売新聞1月16日(水)社会面より【道後温泉本館、修繕工事始まる】を紹介致します。





松山市の観光名所、道後温泉本館(重要文化財)で(1月)15日、開業以来初となる大規模な保存修理工事が始まった。工事期間中、休憩室がある2、3階は使えないが、1階に5つある浴室を使い分けて営業を続ける。

1894年(明治27年)建築の木造3階建て。老朽化に加えて耐震性不足が指摘されており、約7年かけて工事を行う。工事期間中の観光への影響を減らそうと、市は手塚治虫さんの代表作「火の鳥」をキャラクターとした観光キャンペーンを展開する。





※これまで、とてつもない期間、ずっと頑張り続けてきた道後温泉です。

修繕工事後は、きっと素敵な姿で、甦ることでしょう。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。