2019年02月06日

2月6日は『海苔の日』


今日は、母からもらったメールから【2月6日は『海苔の日』】を紹介致します。





採った時のベトベト感が糊みたいなので海苔と呼ばれるようになった。

紙漉きをヒントにスダレに伸べて干すようになった。

このお陰で、巻ける、保存がきく、場所をとらない、使い道が増えた。

浅草のり種は、浅草と有明海の佐賀産のみ。

すさび海苔種は、育てやすいし食感も良いので殆どがこれに。

フードジャーナリストの、むさかちえこさんが言うてた。





※‘海苔と糊’は、幼少期から知っているモノでした。

ですが、元は一緒の〔ベトベト感〕から来ている意味とは、全然知りませんでした。

この情報をきっかけに調べたら、今日が『海苔の日』でした。昭和41年に制定したそうです。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。