2019年03月05日

全国4割「枚方」読めへん


今日は、3月1日(金)読売新聞、地域欄より【全国4割「枚方」読めへん】を紹介致します。





難読地名の(大阪府)枚方市が、市の名前が全国でどう読まれているのか初めて調査したところ、回答した1371人のうち4割が間違って読み、中でも代表的な誤読の「まいかた」が4分の1に上がった。

地元の府を除く都道府県で山梨県のみ回答がなかったため、市は(3月)1日、現地調査を行って全国版の「誤読マップ」を作り、「ひらかた」と改めてアピールするという。

市は2016年以降、知名度の低さを逆手に取り、「マイカタちゃいます」「住んでくれるなら、マイカタでもいい」と広報やホームページなどで自虐ネタを展開中。今回は「なんと読む?枚方市」とする調査用紙を昨年5〜9月にホームページで公開し、回答を募った。

正しく読んだのは6割の822人。「まいかた」と誤読した人は350人だった。誤読例は55種類に上り、「まいほう」(47人)、「まきかた」(29人)と続いた。読めないとした人も34人いた。





※そして〔「ひらかた」と読めた都道府県ランキング〕というのも、出ていました。

同率1位の中に栃木県が入っていて、意外でした(あとは近畿地方だったり、比較的大阪近隣)。

言われてみれば、知らない人にとっては‘ひらかた’とは読めないように、思います。

面白い、新聞記事でした。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。