2019年03月13日

『営業する人』は何者になるべきなのか?


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【『営業する人』は何者になるべきなのか?】(テーマを変更)を紹介致します。





行動経済学で選択肢が多すぎると買うことそのものをやめてしまう、という話をご存知の方多いと思います。

検索すればたくさんの「答え」が出てくるこの時代。

あなたの商品も購入を先延ばしにされている可能性が大です。

特に、目に見えない商品を扱っているならなおさら。

では、どうすればいいのか?

「意思決定を代行してくれる信用できる人」になることです。

例えば、友達が「これいいよ」と勧めてくれたら何も検証せずに買いますよね。

それは友人のことを信用してるから。

では、あなたがお客さんから友達に信用されれば?

他の選択肢は検討されることなく購入されることになります。

どうすればそんな信用を、お客さんから得ることができるのか?

ぜひ考えてみてください。





※その通りだと、思います。

一言で言うと〔紹介が貰える人〕になる、という事ですね。

どうすればいいのかは、私の講座でもやっています。

本日も、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。