2019年03月17日

『なごり雪』という言葉


今日は、母からもらったメールから【『なごり雪』という言葉】を紹介致します。





1975年、伊勢正三が作詞。

その当時「なごり雪」という言葉はなかった 。辞書にも載っていない。

国語の学者が「歌が流行るとヘンな日本語が定着してしまう、日本語が乱れる」 というわけで 伊勢正三に「なごりの雪」としなさい、と言うたけど従わずにそのまま出した。

今は一般的になって辞書にも載ってる。

なごり…波残り…。波が引いたあとに残る海水。人と別れるのを惜しむ感情。

とNHK放送文化研究所の塩田雄大さんが言うとった。





※こうしたやりとりが、あったんですね。

全く、知りませんでした。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。