2019年05月08日

人事部ではなく「人自部」


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【人事部ではなく「人自部」】を紹介致します。





皆さんは、ZOZOタウンを利用したことはありますか?

大手アパレル通販サイトとしてとても有名なので、利用したことはなくても、名前は聞かれたことがあるかもしれませんね。

このサイトを運営している会社の人事制度が、とてもユニークなんです。

ZOZOを運営している会社はスタートトゥデイといいます。

サイトの運営だけではなく人事や人材育成でもいろいろと新しい試みをしている会社です。

たとえば、6時間労働制の「ろくじろう」という制度だったり、会社のある幕張を中心としたエリア内に住む人に月5万円が支給される「幕張手当」であったり、かなり変わった仕組みを持っている会社です。

スタートトゥデイには人事部の代わりに「人自部」という部署があります。

仕事の内容は、一般的な会社で言う「人事部」なのですが、「人のことも自分のことのように考えられる職場環境を作りたい」という思いから「人事」という言葉ではなく「人自」という言葉を使っているそうです。

一見、ただの言葉遊びに見えるかもしれませんが、部署や制度に独自の名前をつけるのも経営者の思いを社員やスタッフに伝えるいい方法の1つだなと思います。





※ネーミングって、とても重要です。

出来た名称を大切に使っていく事で、その中身の意味通りになっていきますね。

本日も、勉強になりました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。