2019年05月15日

最後の黒船のリサーチ方法


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【最後の黒船のリサーチ方法】を紹介致します。





テレビ東京のガイアの夜明けを観ていると、、、

最後の黒船として、世界最大級のスポーツ・アウトドア用品メーカー「デカトロン」の日本進出が紹介されていました。


デカトロンは、日本での知名度は低いものの、世界的にはとてもよく知られたメーカーだそうです。

数年前から、日本進出を狙っていたそうですが「日本は競合が多いから市場調査に2年かけた」と、言っていました。


私が、とても印象的だったのは、その市場調査の方法です。


何をしたと思いますか?


競合店に行った?
顧客アンケートをとった?
競合の商品を購入した?


正解は

・・・
・・・
・・・

「市場調査のために、日本でネット販売を2年間した」でした。


私は、「売ってみる」以上に良いリサーチはないと思っています。


新商品や新サービスのイメージができると「いろんな人に話してみます」と言われる方がいます。


話さないよりは、話した方が100倍いいのですが、、、、気をつけなくてはいけないことがあります。


それは、「お金を払わない人の意見は参考にならない」です。


「いいよね」「面白いよね」といくら言ってくれても、お金を全く払わない人もいます。

「ここを直したらよくなると思うよ」
「ここは変えたら魅力的だよ」
とアドバイスをしてくれて実際にそれを直したとしても、全くお金を払わない人もたくさんいます。


こういう人の意見は、いくら聞いても参考になりません。


では、どうすればいいのか?


「いいよね」「面白いよね」と言ってくれたら、「じゃあ、買ってください」と言ってみる。

「ここを直したらよくなると思うよ」とアドバイスをくれる方には、「じゃあ、すぐ直すんで、購入してください」と言ってみる。


その場で、セールスをしてみてください。

売れることが目的ではありません。その一言で、本当の反応がわかりますよ。





※これ‘あるある’ですね。

親しくしている営業の方から「ある方が、周りの人を紹介をしてくれるが、直接購入はしてくれないが、この方が見込み客になるか、一緒に付いてきてください」と依頼を受け、会いに行ったことがあります。

答えは言うまでもないですね。お金を出して買って頂けない方は、本当に目の前の営業の方の成功は、思い願っていない証です。

本日も、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。