2019年05月21日

リストと呼ぶのは失礼?


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【リストと呼ぶのは失礼?】を紹介致します。





「リスト」って呼ぶのはどうなの?
こういう人がいます。

確かにお客さん、クライアントって、それぞれ一人一人が生身の人間。

それをリストって呼ぶのは失礼、という考え方もわかります。

が、そういうことを言う人に限って、あんまり稼げてないんですよね。

なんでかというと、「冷徹に数字で見る」という観点が薄いから。

例えば、お金にならないお客さんを対象客に設定してしまって、コピーを書いてしまったとき…

冷徹に数字で見れる人は、成約率が低いから、とコピーを平気で変えます。

けど、お客さんに入れ込む人は「正しいに違いない」とコピーを変えないなんてことがあります。

目の前のお客さんにはしっかりと向き合う。
一方で、数字として、冷徹に判断することも重要です。

この数字で判断する対象として「リスト」という言葉は便利なんじゃないかと。





※私も同感ですが、皆様は、如何でしょうか?

それよりも、気を遣ったほうがいいのが『お客様』を『客』と、呼び捨てみたいに言う表現です。

こちらのほうが、問題だと、私は思います。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。