2019年05月22日

自販機


今日は、母からもらったメールから【自販機】を紹介致します。





2017年、日本の信号機は、208.000。

自販機は、なんと2.419.900。12倍もある。

一人当たりの台数は世界一。

「日本の自販機は壊れてないね」と外国人旅行者に感嘆される。

横にレンタル傘のパーツが付いてるのもある(無料)。

同じ系列の自販機に返却できる。しかし、7割しか返ってこない。

これは、忘れ物傘を利用している。

このレンタル傘のことは偶然夕刊にも載っていた。

これはダイドードリンコ(大阪市)が社員の提案で2015年に大阪市で始めた。

18年には16都道府県に広がり500台になっている。

自販機は、メーカーによっては1本買うことで10円寄付出来ているというのもある。

例えば
子どもの未来応援基金
地域の福祉
盲導犬
ピンクリボン

災害対応型は無料になるように会社の方で操作できる。

スマホの充電もできる。

災害地の工事現場では去年の夏スポーツドリンクを50円にした(差額は福利厚生費で会社負担)。

カップ式の自販機では、とろみボタン付きもある。

とろみも、薄い・中間・濃いと選べる。

老人ホームに設置。

色んなのがあるんだねー。

ラジオで聞いた。





※今回は、二日に渡って、送ってくれました。

母本人は、ボケ防止と言ってやってくれていますが、ラジオからも、沢山の情報がありますね。

今回の自販機も、知らないことだらけでした。

日本の自販機は、優秀で且つ、台数が半端ないです。

自販機メーカーさん。いつも、ありがとうございます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。