2019年05月23日

現役引退した、巨人・上原浩治投手に、長男がサプライズ!


今日は、ドコモのdmenuニュースより【現役引退した、巨人・上原浩治投手に、長男がサプライズ!】(テーマを若干変更)を要約して紹介致します。





現役引退を(5月)20日に発表した巨人・上原浩治投手(44)が、TBS系『NEWS23』に出演。長男の一真くん(13)のVTRサプライズメッセージに思わず涙した。

引退決断を振り返り「正直、もうちょっとやりたかったのはある」としみじみ。

番組途中、一真くんがVTR出演で登場し「パパ、21年間お疲れさま。2013年ワールドシリーズ優勝は僕にとっても思い出だよ。アイ・ラブ・ユー」と英語で語りかけると、涙腺が崩壊した。

「やばいっすね。泣かしますね」と目元に手をやり「びっくりしました。知らなかったので」と何度も涙をぬぐった。

野球とアイスホッケーをしているという一真くんについては「(将来)野球をやるって言ってくれたので、その手伝いをしていければいいかなと。僕とタイプが違って左投げ左打ちなので。ピッチングは杉内コーチに教えてもらいたいし、バッティングは高橋由伸、松井さんに教えてもらいたい」と“英才教育”の希望を明かした。





※本文は続いて、『今後、球界を担う後輩たちの活躍を願っていた』と、締め括っていました。

永く、第一線で活躍した、偉大なピッチャーが、異例とも言えるシーズン途中の引退発表で、とても驚きましたが、体力的にはやりきった現役野球人生だったと、思います。

上原浩治さん。お疲れ様でした。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。