2019年05月28日

〔タイブレイク〕体操、同点の場合は・・・


今日は、5月25日(土)読売新聞、五輪・パラ面より【〔タイブレイク〕体操、同点の場合は・・・】を紹介致します。





体操の団体、個人総合で同点で並んだ場合、最も得点の低い種目を除いた得点で順位を決めるのが原則。

それでも同点の場合は次に得点の低い種目を省いて比較する。昨年の世界選手権男子個人総合ではロシアと中国の選手が同点で並び、5種目の得点でロシア選手が優勝した。

種目別は原則、出来栄えを10点満点でみるE得点の高い方が勝ち。依然として同点の場合は、難度をD得点が高い方を上位とし、それでも決まらない場合は同順位とする。





※皆様は、ご存知でしたか!?

私は全く、知りませんでした。

この種目に関わっている人ならご存知でしょう。

こうして、新聞に掲載して頂くことで、また一つ、学習出来ました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。