2019年06月04日

「解き方を知っている」


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【「解き方を知っている」】を紹介致します。





【「解き方を知っている」】


休みの日に長男と勉強をしていた時に、気になることを言ってました。

「この問題、解き方に当てはめられない」「だから、できない」


ちゃんと解説を読んで、解き方があることはわかっていたようです。


でも、今回は、「問題に書かれていた数字を解き方のどこに当てはめたらいいか」わからなかったよう。


今はこの段階なんですね。
解き方を知識としては知っている段階。

簡単な問題だったら、解き方を使えるけど、ちょっと難しい問題はわからない。


たぶん、考え方を理解していない状態なんだろうな。

ということがわかって、理解の進み方のようなものが見えてきました。


・解き方(公式)を知っている
・解き方(公式)を理解している

次は、
・解き方(公式)を選べる

かな?


理解には段階があるんですね。

問題ができないというときには、どの段階で理解が止まっているかが重要なようです。


今回、一緒に勉強してみて、長男がどこまで理解しているかがわかりました。

気づいてなかったら、「解き方を理解しない」ままだったかもしれません。

それがずっと続くと「理解しない」ことが習慣になってたり?


想像すると、ちょっと怖いです。


長男と一緒に考え方を勉強です。
僕は考え方の教え方を勉強します。





※〔考え方を勉強する〕って、とっても深いと思います。

そもそも私たち、しっかり考えているのか(自戒の意味を込めて)。

考え方を勉強したり、考え方を理解したり。そんな次元を目指していきます。

本日も、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。