2019年06月26日

「失敗を繰り返す人」に共通する残念な4つの法則


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【「失敗を繰り返す人」に共通する残念な4つの法則】を紹介致します。





【「失敗を繰り返す人」に共通する残念な4つの法則】


リーダーズアカデミーの嶋津氏のメルマガから。

嶋津氏の4つの法則をどうぞ。



失敗を繰り返す人には、残念な4つの法則があります。

1.直視しない
2.後回し
3.忘れようとする
4.人のせいにする

人生生きていれば、 上手くいくことも、上手くいかないこともあります。
その上手くいかなかった時に、その物事を直視しなかったり、「まいっか」と後回しにしたり、 出来事を自分に都合よくとらえて忘れようとしたり、「あいつが悪い」「会社が悪い」「上司が悪い」 「社会が悪い」 と他人や周りの環境のせいにして、イヤなこと、面倒なことから逃げようとばかりしていては、何の解決にもなりませんよね。

では、成功する人はどんな人なのでしょうか?
上の4つをひっくり返せばいいわけですから、

1.直視する(逃げない)
2.後回しにしない(すぐやる)
3.反省する、同じ失敗をしないためにどうしたらいいかと考える
4.人のせいにしない(自責の概念でとらえる)
となるのでしょう。

成功する人は積極的に行動するので、たくさんの間違いを犯します。
そしてその間違いから、何が正しいのかをしっかり導き出し、次の状況への適応を考えるので、間違いをしない人よりも早く多く学ぶことができるのです。
決してその犯した間違いをそのままにしたりしません。
そこから多くの教訓を引き出し、次につなげるので、失敗ではなく、「成功しない理由を一つ見つけられた」というようにとらえるのです。

逆に失敗する人は、積極的に行動をしません。
だから、間違いを犯す確率も低いです。
成功するための多くの学びを得る機会を失ってもいるのです。
または、積極的に行動はしても、うまくいかなかった時に、その出来事を

1.直視しない
2.後回し
3.忘れようとする
4.人のせいにする

ということをしてしまうので、何も得るもののない、単なる【失敗】で終わってしまうのです。

あなたは、成功しない理由を見つけるために積極的に行動をしていますか?
上手くいかなかった時にその教訓を確実に次に生かしていますか?





※如何でしたでしょうか?!

逃げずに向き合い、即対応し、失敗の理由を炙り出し、自分事として、二度と失敗しないような形を創るのを、実践していきます。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。