2019年07月25日

離れたら、みんないい上司


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【離れたら、みんないい上司】を紹介致します。





【離れたら、みんないい上司】


前職でシステム開発をしていた時、出向をしたことがありました。

関連会社に1年ほど。


それまでいた職場は忙しくて、厳しい上司に鍛えられて、そんな状況での出向。
ちょっとうれしかったです。

1年間、厳しい上司と会わない環境だったので。


出向中、それまでに自分が関わったシステムについての質問が時々あったりもしたんですが、比較的穏やかに出向先での仕事をこなしてました。


その、厳しかった上司からは、状況を聞かれたり、励まされたり、厳しいだけではないメールをくれたりしまして。


もともと技術力のある上司だったこともあって、すっごいいい上司に思えてきて、出向先の課長に「いい上司って気づきました」なんてことを言うぐらい。


その時、返ってきた言葉は「離れたら、みんないい上司だよ。」って。



事実、出向が終わって戻ったら、やっぱり厳しい上司で。

忙しい環境で、当たりも厳しくて。


離れてみるといい上司。
を実感することができました。


離れているからよく見える。距離がいいところだけを見せてくれるのでしょうか?

誰かのいいところを見つけたいときには、お勧めできる方法かもしれません。



『離れたら、みんないい上司』でした。

今、思うと、やっぱりいい上司でした。

距離が離れていることもあるでしょうが、自分が未熟な部下だった、ということもよくわかります。





※会社員時代、このような経験を、私もしました。

ちょっと離れると、いい場合、ありますね。

本日も、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。