2019年07月31日

原監督1000 勝


今日は、読売新聞7月31日(水)一面より【原監督1000勝】を紹介致します。





プロ野球・読売巨人軍の原辰徳監督(61)は(7月)30日、東京ドームで行われた広島東洋カープ戦に8-5で勝利し、監督として通算1000勝(751敗57分け)に到達した。プロ野球史上13人目で現役監督では最多。巨人監督経験者としては7人目で、巨人だけで1000勝を挙げたのは川上哲治、長嶋茂雄(現終身名誉監督)に次いで3人目となる。

原監督は長嶋監督の勇退を受け、2002年に就任。同年4月3日の中日ドラゴンズ戦で初勝利を挙げた。通算12年で2度の3連覇を含むリーグ優勝7度と3度の日本一を達成し、15年に退任。18年秋、高橋由伸監督からバトンを受け、3度目の監督に就任した。

今季は若手を積極的に起用しながら主力選手と融合させ、(7月)30日時点で53勝39敗1分けで、セントラル・リーグ首位に立っている。





※私は巨人ファンではありませんが、この偉業はあっぱれです。

今後、どれだけ勝ち星を挙げるか注目ですが、阪神タイガース戦以外で、是非、頑張って頂きたいと、思います。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。