2019年08月02日

セミの羽化学習


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【セミの羽化学習】を紹介致します。





【セミの羽化学習】


先日、子供たちと地域のイベントのセミの羽化学習に参加してきました。

セミの幼虫は地中に数年間育った後、地上に出て木に登入り、羽化した後、約1ヶ月生きることができます。

※昔はセミの寿命は1週間と言われましたが、専門家の話によれば、1ヶ月ほどとのこと。

日本でよく見かけるクマゼミで2〜5年、アブラゼミ3〜4年の間、地中にいるそうです。

しかしながら、世界には、もっと長い期間、地中にいるセミがいるということを知りました…。

北米では17年周期で大量発生する17年ゼミという蝉(セミ)がいるのこと。

羽化学習では、実際にアブラゼミの羽化を観察することができ、羽化したての羽根の綺麗さに感動しました。

いつもは、セミが鳴き始めると、うるさいな!と思うばかりでしたが、今年は、もうちょっと穏やかな気持ちでセミの声を聞けそうな気がしています(笑)





※セミの事、知っているようで、知りませんでした(間違った知識を持っていました)。

セミの鳴き声は、私からすると『夏が来たなー』と、嬉しくなります。

セミの鳴く夏を、楽しみたいと思います。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。