2019年09月10日

「○○を少々」に対応したヒット商品


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【「○○を少々」に対応したヒット商品】を紹介致します。





【「○○を少々」に対応したヒット商品】



料理のレシピで、「○○を少々」というキーワードがよく登場します。


塩や砂糖や胡椒であればともかく「小麦粉を少々」であれば、面倒だから省略という人も少なくないとのこと。


小麦粉は1kgの袋入りが主流で普段棚の奥など見えないところに収納されていることが多いようです。


そのため、「少々」くらいでわざわざ引っ張り出したくないというのが人の心理かもしれません。


日清フーズは小麦粉市場で長年トップシェアを誇っていましたが、近年の市場縮小に頭を悩ませていました。


そんな市場縮小にもかかわらず発売から1年半で800万個も売れた商品があります。


その商品は、日清フーズから2015年に発売された「日清 クッキングフラワー」という商品です。


従来よりサラサラした薄力粉を小型ボトルに詰めた商品ですが、従来の袋入りのものに比べると形や大きさが大きく異なります。


日清フーズの同製品のページもご参考にして頂ければと思います。
https://www.nisshin.com/cookingflower/


同社で新商品の開発にあたり市場調査を行いました。


すると、従来の小麦粉に対して「粉が舞う」「キッチンが汚れる」「水に溶けづらくダマになる」など、使い勝手の悪さに不満があることが分かりました。


主流である1kgの袋は、普段あまり料理をしない人や単身世帯は消費期限まで使いきれないということも少なくありません。


一方で、小麦粉を使うご家庭で一番多かった用途は、豚カツへの打ち粉であることも分かりました。


従来の不満を解消しつつ打ち粉のために使い勝手のよい商品になるように開発しました。


容器は小さなボトルとし、少量使いに適したふり出し口を採用することにしました。


ところが従来の小麦粉は、粒子の大きさがバラバラであるため、粒と粒の間に小さな粒が入り込み詰まってしまいます。


そこで、粒を大きくし、かつ、サイズを均一にするようにしました。


さらに、容器のふり出し口の径と粒子径のバランスが最適になるように徹底的に追及しました。


その結果、サラサラ取り出すことができ、水にも溶けやすいサイズの小麦粉にたどり着くことが出来ました。


容量は一人暮らしでも使いやすい150gの小型ボトルで粉が舞ってキッチンが汚れずに水に溶けやすい点が特徴です。


従来の課題を解決した「日清 クッキングフラワー」は見事ヒット商品となりました。


従来のように主流が1?でキッチンの奥に追いやられていたものの容量を見直すことで常にキッチンにおいてもらえるようになりました。


量が多ければお得感はありますが、ニーズに合った容量というのもあるかもしれないですね。





※少量にしたり、小分けにした事だけで、それまでからは考えられないくらいのヒット商品になる場合が、確かにありますね。

本日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。