2019年11月06日

牛ヒレ肉の割合


今日は、『統計で明かす真実』(副題:あなたは間違った思い込みで生きていないか?)より《牛ヒレ肉の割合》を要約して紹介致します。





◇高級ステーキで人気の希少部位



牛肉の中でも高級部位として知られるヒレ肉。脂肪が少なくやわらかな肉質が特徴で、ステーキにすると牛肉のうま味を堪能できるとあって人気だ。やはり高級部位として知られるサーロインよりも、割高な価格設定であるのが普通だが、それだけ希少な部位だということ。ヒレ肉は細長い肉が1頭の牛に2本あるのみで、重量にすると牛1頭からとれる精肉全体のわずか3%。牛全体からすると、わずか1〜2%というから驚く。

さらに、ヒレ肉の中でもっともやわらかい部分はシャトーブリアンと呼ばれ、最高級肉の代名詞となっている。牛1頭からとれるシャトーブリアンはわずか数百グラム。ステーキにして3枚ほどという超希少部位なのだ。高級レストランで注文するには、相当勇気のいる値段になるはず。



耳寄り→日本人1人あたり1年間に食べている肉は豚肉11.7キログラム、鶏肉10.8キログラム、牛肉5.7キログラム。豚肉と牛肉の比率はだいたい2:1。





※食肉、それも牛肉に携わる仕事でないと、知らない内容だと思います。

これからは、今まで以上に、ヒレ肉を味わって食べます。

本日も、勉強になりました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。