2019年11月10日

京都パワー生かした意外ビジネス


今日は、ある日のテレビ情報番組から【京都パワー生かした意外ビジネス】を紹介致します。





【京都パワー生かした意外ビジネス】



あなたの知らない、最新京都ビジネス

京都は新しいモノを生み出せる



〓ベーカリーマーケット


食パン以外の惣菜パンは、全国一

月商400万円

お店の看板がついている

10何社の人気のパン屋さんからのが並んでいる、パンのセレクトショップ

京都市内の人気のパンを一ヶ所に集めるのは、あるようでなかった

パン屋さんは、どう思っているか

中心地なので、認知度が上がる

値段は、それぞれのお店と同じ値段

集荷専門の人を雇っている

イートインもあるので、そのへんも利益を出している



〓開化堂


茶筒をつくっている

ブリキが原料の始まり

蓋を閉めると自動で下がる

蓋の閉め具合を微妙に膨らました

目に見えないミクロのサイズを、匠の技で引き継ぐ

イギリスの紅茶屋さんが、茶筒の密閉を評価

パスタケースやコーヒー粉の入れ物等に

6代目が、こうしたのに気づいた



〓(株)八清


京都の町屋を買い取り、リノベーションする

銀行からの評価はゼロ

しかし、お客様からの評価は高く、住み心地も良ければいい

柱や梁を残し、伝統工法の石場建てをする

建具もガラスも、いいのだけは残す

リノベーションすることで、寿命を伸ばす

京都に来ないと見つけられない町並みをつくる



GLMという自動車メーカーは、設計だけをする、京大生がつくった会社もある





※新しい発想に、京都らしさが合わさった、斬新なビジネスです。

柔軟に考えて、行動することが、肝要なのですね。

本日も、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。