2019年11月11日

エリートと凡人の違い

今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【エリートと凡人の違い】を紹介致します。





この間、灘高校→東大→マサチューセッツ工科大学と、いかにもエリート街道まっしぐらの方と話をしていました。

彼によると、高校では、みんなが勉強していたから勉強するのが普通の環境だったそう。

だから、東大、京大に行く人が多数。


一方、私が通っていた(どちらかというとアホの部類に入る)高校では勉強しているヤツはキモちわるい、という空気。

いま、考えれば、みんなコソコソ勉強してたんでしょうが。

勉強の絶対量も少ないわけですから、東大にいける人なんているわけもなく。


何が言いたいか?
わかりますよね?

そう、それが空気の力。

空気の力があれば、人は勉強してしまうんです。
やらない空気であれば勉強しない。

人が変わるのに最も簡単な方法は、環境を変え周りの空気を変えること。

「頑張るぞ」と決意しても環境がボロボロなら結局、そっちに流されてしまいます。

なら、自分はどんな空気が必要でしょうか?

そして、その空気を得るためにどんな環境に身を置くのでしょうか?
少し考えてみたほうがいいです。





※如何でしょうか?

環境って、重要だと思います。

素晴らしい環境に持っていくのも、自助努力だとは思います。

本日も、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。