2019年11月29日

アウディ、9500人削減

今日は、読売新聞、11月28日(木)経済面より【アウディ、9500人削減】を紹介致します。




独フォルクスワーゲン(VW)傘下の自動車大手アウディは(11月)26日、2025年までに従業員の1割にあたる9500人を早期退職制度などで削減すると発表した。

人員削減と並行して新規雇用も進め、電動化やデジタル技術の専門家を最大2000人採用する。

こうした合理化で、29年までに60億ユーロ(約7200億円)のコスト削減を進め、次世代技術への投資を重点化する方針だ。

アウディは声明で「今後立ち向かう(電動化などの)課題に備えるため、構造改革を進める」と述べた。

自動車に対する環境規制の強化を受け、欧州メーカーは相次いで合理化策を公表している。

VWは600億ユーロの投資計画を明らかにし、独ダイムラーは10億ユーロ以上の人件費を削る方針を示している。





※如何でしたでしょうか!?

企業の存続の為には、致し方ないと言うことなのでしょうか。

実際に減る人数は、7500人ですが・・・考えさせられました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。