2020年01月28日

理想の髪形、何度でも


今日は、読売新聞1月13日(月)家計欄より【理想の髪形、何度でも】を要約して紹介致します。





〔ギャツビー、ムービングラバー〕(2006年発売、マンダム)



若い男性におなじみの、髪形を自在に操るスタイリング剤。ピンクやオレンジなど鮮やかな色の容器も印象的だ。市場では発売翌年から2018年まで、シェア(市場占有率)のトップに君臨している。

開発を始めた05年は、細かく作り込む髪形が流行していた。従来のワックスはヘアスタイルを保つ力には優れていたが、べたつきやすく、一度崩れたセットを整え直すことが難しく、動きあるスタイルを作りやすく、何度でもきれいに作り直せる商品を開発することにした。

研究者を5人にし、『ムービングラバー成分』の配合にこぎつけた。担当者が東京に通い詰め、有名美容師の助言を得て、プロ技術が理想のヘアスタイルを実現できる商品にこだわった。

木村拓哉さんが出たCMも好評で、販売個数は1年間で、旧シリーズの3.4倍になった。流行の変化に応じて中身も少しずつ変え、定番の座を守り続けている。





※ベタつきと、一度崩れた髪型を整える内容成分を改善したスタイリングフォーム開発には、並々ならぬ努力があったと、思います。

流行りの潮目を観ながら、一度出た商品をマイナーチェンジしているのも、素晴らしいと、思いました。

皆様のビジネスのヒントになれば、幸いです。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。