2020年03月11日

100%満足している人はいません


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【100%満足している人はいません】を紹介致します。





先日、こんな相談を受けました。

「ありがたいことに、いろんな方から見込み客を紹介してもらえて、よく会いにいくんですが」

「話を始めると、その件は、もう依頼しているところがあるんだよねと、言われてしまうばかりで、、、」

見込み客を紹介してもらえた!と、喜び勇んで訪問してみると、「もう他に頼んでいるから」と、冷たい(?)返事。

喜んだ分だけ、ショックが大きいかもしれません。

でも、私は、そこで引き下がってしまうのは、もったいないな、と思います。

むしろチャンスが隠れているかも、と。

すでに他に頼んでいる、ということは「そこに課題があり」「お金をかけてでも解決したい」と思っていることは間違いありません。

一言でいえば、ニーズは存在するわけです。

私なら、そこから話を聞いていきます。

・どんなところに頼んでいるのか?
・どんなサービスを受けているのか?
・依頼してから、どんな状況になったのか?
などなど。

こうした質問をしていく際に、私の根底にあるポリシーは、「100%、現状で満足している人はいない」ということ。

どんなに良いサービスを受けていても、何か不満があるはずです。

粗探しをするわけではありません。「そんな業者、ダメですよ!」的な態度・発言は最悪です。

でも、「何か満たされないことはあるはず」と思って話を聞きます。

その結果、提案できるチャンスがあればしますし、なかったとしても、競合リサーチ・顧客リサーチになり、次の見込み客への提案や、サービス・商品のブラッシュアップのヒントがあるはずです。

ぜひ、「すでに他に頼んでいるから」なんて言われたとしても、色々と質問してみてください。





※如何でしたでしょうか?

この事案に限らず、ちょっと言われただけで『断られた』と、諦める人がいます。

100%満足している人は、いないと強く思いましょう。どんな内容にも、妥協点はあるはずです。

本日も、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。