2020年03月31日

自分の問題はいつも巨大


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【自分の問題はいつも巨大】を紹介致します。





クライアントの皆さんの相談を受けていると、時々、これは問題解決を求めているのだろうか? という話が続くことがあります。

色々なパターンがあるのですが、その中の1つは、状況の共有です。

もちろん、状況を共有してもらうことはアドバイスなどをするためにも、とても大切なのですが、、、

中には、「問題解決のための状況共有」ではなく、「いかに自分が大変か、を伝えるための状況の共有」になっている方も。

それが悪いとか、無駄なんて言いたいわけではありません。

私もやりがちですし。

自分の問題を過大評価して、自分の能力を過小評価する。

ある本に、人間がよくやること、として書かれていた一文です。

人は目の前の問題を「過大評価」したくなります。

巨大な問題や、巨大な悪(?)に立ち向かっている! と思えると、ヒーロー・ヒロインになれた様でちょっと気持ちが良いですしね。

それで、力が出るならいいのですが「自分の能力を過小評価」してしまうと、、、

『あ〜〜〜、こんな大きな問題を自分の能力で解決するのは無理だ。』

という結論になって行動ができなくなってしまいます。

自分の問題を過大評価していないか?自分の能力を過小評価していないか?

ぜひ、いつも考えてください。





※ありがちな事だと、私は思いました。

特にいけないのは〔自分の力を過小評価すること〕だと、思います。

本日も、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。