2020年05月14日

まずは慣れるところからはじめてみては? 


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【まずは慣れるところからはじめてみては?】を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





法人契約がなかなか獲得できないという人には共通点があります。

いくつかある共通点のなかでももっとも多いのは「社長に対してビビっている」ということ。

ビビっていると、その不安が相手に伝わり、頼りない印象を与えてしまいますからね。

頼りない印象になってしまうと、当然契約にもつながりません。

特に起業当初やまだまだ経験が少ないうちはビビってしまうという気持ちはわかります。

ビビってしまうのを気合いで乗り越えろというのは無理ですよね。

ではどうしたらビビらずに堂々と立ち振る舞えるようになるか?

解決策としてはシンプルに「社長と話すこと自体に慣れる」ことをオススメします。

・知り合いの社長と話す
・社長が参加するセミナーで交流する

など、クライアントになる可能性がない相手でも積極的に交流してみましょう。

地道ですけど、接触を増やして社長と話すことに慣れることが一番自身につながります。

営業としてではなく一人の人間として経営者の先輩から話を聞いてみるというスタンスでOKです。

経営者としてはあなたよりもずっと格上だったとしても意外と普通の人間だということが、わかるはずです。

そこが体感的にわかれば、おのずとビビることもなくなってくるはず。

社長に対して少しでも苦手意識を感じたりビビってしまう。

心当たりがあるのであれば、まずは話すこと自体に慣れる
ようにしてみてくださいね!





※どんな大企業の経営者の方でも、一人の人間であることには、違いないです。

『習うより慣れろ』の精神で、やっていきましょう。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。