2020年05月15日

コロナ困窮学生を支援


今日は、5月14日(木)読売新聞経済面から【コロナ困窮学生を支援】を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は(5月)13日、新型コロナウィルスの感染拡大に伴ってアルバイト先が休業したことなどにより生活に困窮する大学生らを対象に5000人規模のアルバイトを募集することを決めた。

6月初旬から募集を始める方針だ。業務は、ネット上での金融取引などへの継続的な意識調査への協力や、デジタル関連サービスの試験利用などを想定している。報酬は、複数回の調査協力で数万円程度となる見込みだ。

金融業界では、金融とITを組み合わせた「フィンテック」の進展により、大手銀行もIT企業との競争を強いられている。

調査結果を通じて、若者の金融サービスや資産形成などへのニーズを把握し、今後の新サービスの開発などに生かす狙いもある。

大学の学生課などと連携し、必要な学生が応募できるよう工夫する。

MUFGはこのほか、困窮する学生を経済面で支援する団体「日本学生支援機構」と「あしなが育英会」に5億円ずつ寄付する。





※このようなアルバイトの仕事をつくって、募集してくれる銀行の取り組みに、感謝ですね。

仕事の種類や働き方を、良い方向に見直す時期に、これからなれば、いいと思います。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。