2020年05月16日

いまさら聞けない冠婚葬祭


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【いまさら聞けない冠婚葬祭】を紹介致します。





【いまさら聞けない冠婚葬祭】


Q 「内のし」「外のし」「無地のし」の違いや使い分けについて



A すぐに開けずにかざっておくような場合「外のし」にしますが、関西ではほとんどが「内のし」とするようです。

地域的には、九州や東北以北で「外のし」となる事が多いようです。

「外のし」は汚れ易いので、上からもう一度包装し先方で外してお渡しするようにしましょう。

「無地のし」はもともと水引をかけず紙のみという意味でしたが、今では「のし紙(慶事弔事)」に表書きも名前も書かないもの、水引をかけるほどではない「ご挨拶程度」のものとなってしまいました。

でも、表書きはなるべく書くようにしたいものですね。





※“のし”について、全く知らない知識でした。

今日も、勉強になりました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。