2020年07月11日

ぶれない自分を作るための考え方『軸』


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【ぶれない自分を作るための考え方『軸』】を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





今回は、ぶれない自分を作るための考え方についてです。



1、そもそも、軸ってなに?

軸、根幹となるもの。 軸足といった表現が分かりやすいでしょうか。 「ぶれない」ことを意識するなら、 基準と言い換えても良さそうですね。 判断をしたり、考えたりするための基準。 つまり「モノサシ」ということにもなるでしょうか。 判断軸を持つことは必要ですが、 今回の軸の意味は、 何を基準に、自分はその学びを選んだのか、 その学びを、どのように活用しようと考えているのか。 そういったことを考え、判断するための 「軸、モノサシ」という意味で挙げています。



2、何のための学びか

あなたが行う学びは、何のためですか? 仕事のためだけですか? 自分のためという視点がないと続けるのは困難でしょう。 自分が身につけた学びは、たとえ仕事上のスキルであっても、 それはあなたのものです。 誰も持っていくことは出来ません。 資料などは失うことがあるでしょう。 でも、扱い方でどうにでもできるでしょう。 世の中には 何をしても必ず邪魔をしてくる人がいます。 振り回されないように、 日頃から準備しておいてください。



3、なぜ、それを選んだ?

あなたの学びは、何を基準に選びましたか? あなたが活躍することで、 周囲がハッピーになりそうですか? 古来、日本にはこんな言葉があります。 「似た者同士」 あなたの周りにはどんな人が集まっていますか? 周囲の人を見て「付き合いにくい」と嘆くことがあれば、 時には自分を振り返ってみることも必要です。



4、アウトプット

相手にもよると思いますが、 せっかく学んで身につけただことは アウトプットして伝えた方がよいでしょう。 周囲の人に教える等のアウトプットは有用です。 学びの確認になります。 また、知識や情報を独占するような時代ではありません。
それでは何も広げることが出見ませんから。 是非、自分を守りながら 成長を続けていただきたいと思います。





※誰もが持ちたい《ぶれない軸》です。

長文で、具体的に解りやすく、表記されていますね。

今日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。