2020年07月23日

夏のマスク、熱中症注意!


今日は、私が所属している正しい健康管理を研究している啓蒙団体が発行している情報紙から【夏のマスク、熱中症注意!】を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





新型コロナウイルスの感染拡大を防ごうと、初夏を迎えても多くの人がマスクの着用を続ける。これまで不快感がなかった人も、気温が上がれば息苦しさや喉の渇きを強く感じるようになる恐れがある。既に真夏日を観測している地域もある。暑さは今後も続くとみられる。専門家は「水分をこまめに取り、決して無理はしないように」と熱中症対策を呼び掛けている。

「多くの人にとって初めての経験になる」。熱中症対策に詳しい三宅康史・帝京大病院高度救命救急センター長は、マスクが手放せないままの今年の夏をこう表現する。夏場にもマスクを着用すると、冷たい空気が肺に届きにくく、呼吸筋の動きが活発化して息が荒くなり、体に熱がこもりやすくなる。

三宅さんは、熱中症のリスクを避けるには「体を冷やすことが重要だ」と強調。エアコンの活用や水分の小まめな補給、休憩を増やすなどの対策を提案する。





※おそらく、全人類が経験する“マスク着用の、初めての夏”です。

ぼちぼち真夏日が出だして、この着用が、確かに暑いのを加速させています。

熱中症には、充分注意が必要ですね。今日からの連休も、お気をつけください。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。