2020年08月30日

車8社、7月生産14%減


今日は、読売新聞8月29日(土)経済面より【車8社、7月生産14%減】を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





自動車主要8社が(8月)28日発表した7月の世界生産台数は、合計で前年同月比14%減の約201万台だった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で大きく落ち込んだ5月の62%減、6月の26%減からは、回復基調が鮮明になっている。

中国や北米などで需要が急速に回復し、ホンダは1%減、SUBARU(スバル)は前年並みに戻った。トヨタ自動車も10%減、日産自動車は19%減で、いずれも6月から減少幅は大きく縮小した。

これに対し、主力の東南アジアでの感染拡大が響いた三菱自動車は62%減、ダイハツ工業は27%減で、マイナス幅は6月よりも拡大した。

世界での販売台数の合計は12%減の約202万台だった。





※世界の自動車生産台数は、景気を鑑みる指標になります。

コロナウイルス感染の増減が、どこの場所を主力で販売するかにより、色濃く影響しています。

このウイルスの終息を、願うばかりです。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。