2020年09月09日

巨人・沢村、電撃“格差トレード”の真相


今日は、ヤフーニュースのスポニチアネックスから【巨人・沢村、電撃“格差トレード”の真相】の重要部分を一部表現を変えて紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





巨人が沢村を放出した裏には、自軍では完全復活が見込めないという判断が見える。環境を変え、他球団での活躍を願う形を選択。ある意味で見切りをつけざるを得ない、苦渋の決断と言えるだろう。

「非常に思い出深い、素晴らしい選手。環境が変わってステップ材料とするように。求められたことは彼にとって素晴らしいこと。飛躍を願います」と原監督は親心。

信頼回復の為、あらゆる手を尽くし、昨季は先発再転向で脱力投法を思い出させ、中継ぎに再々転向。防御率2.61と復活したが、再び制球難に。7月、代役守護神にするも改善は見えず2軍降格。

150キロ超の剛球で打者を見下ろす風格の一方で、登板前におう吐する繊細な精神面。「他球団で活躍されてはいけないので、飼い殺しをしていた時代があった」と大塚球団副代表編成担当。今は、生かす道があるなら、探してあげたい球団の方針転換だ。

香月獲得には、パンチ力ある左打者の層を厚くする狙いで、類い希な才能を、ジャイアンツで開花させたい原監督の期待がある。亀井が38歳、丸が31歳。今秋のドラフトは、左のスラッガー近大・佐藤を筆頭候補に挙げている。

今季3件目のトレードは、年俸格差をいとわない、近い将来も見据えた戦力整備を最重要とした補強だ。





※平成10年ドラフト1位ルーキーで、セーブ王にも輝いた、1億円プレイヤーの、あっけない放出が急に起きた感じに思いましたが、実態は違ったようです。

来シーズンも見据えた、選手の獲得合戦も、目が離せないですね。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。