2020年09月17日

象が死んだら


今日は、母からもらったメールから【象が死んだら】を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





東山動物園(名古屋)のアフリカ象が、この8月に死んだそうな。

名古屋の小学生からの質問
「死んだらどうするの?」

あっちこっちの動物園の象飼育係、 獣医、 学生たちが集まって勉強する。

まず身体の大きさを細かくチェックする(例えば足の長さ 太さ 足裏の大きさ 鼻の長さ 耳) 次は解剖 心臓 肝臓 胃 血管 など大きさ 重さ 色 組織も保存する 骨は標本にして学生の研究に。

このように詳しく調べておくと次の飼育のときの参考になる、と動物園の元園長さんが言うてた。

象の平均寿命は、60年位だと。





※動物園の動物が死んでしまった後の事、考えたりもしませんでした。

確かに、死んでしまった後、解剖して勉強するような、貴重な時間をつくるわけですね。

ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。