2020年09月20日

「あなたの問題解決!どこから手をつけますか?」


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているビジネス通信メルマガから【「あなたの問題解決!どこから手をつけますか?」】を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





1980年代のニューヨークは世界一凶悪犯罪の多い街でした。 ところが今は東京より安全かもしれません。

この凶悪犯罪(殺人や強盗など)をどのように減らしたのか? その一歩は、街中の落書きを消すことから始まりました。
凶悪犯罪を減らすために、 普通に考えることは 「凶悪犯を徹底的に取りしまる」ということです。

しかし、これでは問題は解決しません。
どこか似たような問題が、あなたの周りにもありませんか? 気が重くなるような、どこから手を付けたらいいのか悩むような、 大きな問題が目の前に見えていませんか?

多くの人がやってしまうのは、「“直接”その問題解決を考える」ということですが、 そうすると、問題が大きくのしかかり、気が重くなってしまいます。
問題はいっこうに解決せず、ストレスがたまるばかり。 そんな時には、その問題はどこから来たのかを見つけることが必要です。

見つけるヒントは、

・全ての問題は人が引き起こす
・その人は感情の動物である

この2点にあります。

ここから考えていくと、 多くの問題は「人の思考や感情が引き起こしている」ことが分かってきます。
それならば、どのような思考や感情が目の前の問題をもたらしたのか、 ここが分かれば、「問題を引き起こさない状態」を作ることができます。
そして、手をつけるのは、 「思考や感情に変化を起こす」こと。 この変化を起こす施策を進めることです。
ニューヨークの場合はこの施策が、

・落書きを消すこと
つまり、凶悪犯罪を起こさない思考、感情の環境づくりをやったのです。

急がばまわれ!

大きな問題であればあるほど、その問題を引き起こす元を断ちましょう。





※如何でしたでしょうか?

思考と感情に支配されて生きているのが人間だと言っても、過言ではないと、私も感じます。

やはり、人間に欲求がある限り、そこの部分を解決するのが、一番の近道だと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。