2020年09月25日

新型コロナウィルスをきっかけにさらに注目された商品 


今日は【新型コロナウィルスをきっかけにさらに注目された商品】を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





【新型コロナウイルスをきっかけにさらに注目された商品】


近年、住環境の変化により、各住宅では防汚加工が施されており、リビングやダイニングに汚れが広がる心配は昔に比べて少なくなりました。

目に見える汚れは減った一方で、目に見えない汚れや菌を気にする人が増えてきました。

目に見えない菌を除去する商品として、花王の「 クイックル Joan 」が注目されているので、今日は、その商品を紹介したいと思います。

同社が市場調査したところ、2016年から2年間で、一般家庭では、キッチンの壁、キッチンにある棚、キッチンカウンター、調理台などを拭き掃除する頻度が軒並み上昇していることが分かりました。

これに伴い、アルコール除菌スプレーと除菌ウェットティッシュの市場が年々伸長を続けてきました。

そこで、同社は、2017年頃から除菌性能に加え拭き掃除洗剤を備えた商品を開発すべく、消費者ニーズを調べました。

その結果、ユーザは、「汚れ落ちの良さ」「除菌効果があること」だけでなく、「成分が安心できること」を重視していることが分かりました。

このようなニーズを満たすために、同社は、安心して使える除菌清掃商品を開発することに決めました。

高い除菌力といえばアルコールですが、ニオイが気になったり、手が荒れてしまうなどのイメージがあり、使うのをためらう人も少なくありません。

そこで、手肌の荒れが気になる人や小さな子どもがいる人も誰でも気兼ねなく、家の中のどこでも使えるように「除菌に安心」ということを開発のコンセプトにしました。

除菌の効果の高さと安全性の高さを両立する処方に使える有効な成分を研究したところ、「有機酸」が有効であることが分かりました。

有機酸には乳酸やクエン酸などがありますが、最小限の配合量で効果を発揮でき、肌にやさしく家具などを傷めにくいものはないかを研究しました。

そこで、乳酸菌に影響を与えて発酵させることで得られる「発酵乳酸」による抗菌機能に着目しました。

また、天然由来成分である「発酵乳酸」を抗菌成分に配合し、素肌と同じ弱酸性で抗菌性能を発揮させました。

天然由来成分の発酵乳酸を活用し、広範囲に使えるスプレータイプと、手指や口元の汚れ落としにも使えるシートタイプの2つをラインアップを開発し、2019年11月に発売を開始しました。

開発のコンセプトが「除菌に安心」だったこともあり、これを略した「除安(じょあん)」を英文字にしたJOANを商品名につけ、「クイックル JOAN」という商品名で発売しました。


<クイックル JOANの商品サイト>
https://www.kao.co.jp/joan/


今年に入ってから新型コロナウイルスをきっかけに除菌製品のニーズが急激に高まっています。

除菌製品は、除菌の効果が高いものが重要ですが、同時に安全なものを使いたいというニーズもあります。

特に、小さな子どもがいる家庭では、より安全性に慎重になるため、「やさしさ」と「除菌性能」を両立している「クイックル JOAN」は、注目されるヒット商品となりました。

新型コロナウイルスも完全な終息が望ましいですが、もうしばらくの間は、コロナと共存していく必要性があると思いますので、このような新しい製品が次々と生まれてくるのではないかと思います。





※確かに、除菌という考え方が、重要視されてきました。

安全性も、体に対する害がないか、必須になってきました。

コロナが終息した後も、こうした物事は、続くように思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。