2020年10月03日

モンブラン:高額商品の売り方


今日は、ブログ『ザ・レスポンス』から【モンブラン:高額商品の売り方】を、要約して紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログをご確認ください)★〕





1本10万。

そんなボールペンがポンポン売れている、モンブラン。

100円も出せば十分すぎるほど、使えるボールペンは売っていますよね、なのに。なぜ、価格に1000倍もの差があるモンブランを買ってしまうんでしょうか?


それは一言で言ってしまうと、売っているものが全く別物だからです。高額商品を売る、よく使われるこのやり方です。

モンブランでいうと、紙に字を書くのを、お客さんは買っているわけではありません。

お祝いとか、ご褒美とか、すごい人と思われたい、なんて感情を満たすことをお客さんは買っています。

高めのコーヒーを売っているのに行列ができているスタバは、コーヒーではなく、サードプレイスを売っていると言っています。家と職場や学校に続く3つ目の快適空間を提供していると。

Appleなんかも、機能よりもcoolという感情を満たすことを売っていて、iPadは発売当初は、かっこいいかもしれないけど、何に使ったらいいか、わからないから家の棚にずっと置いてあるみたいな感じになりがちでした。機能性がほぼ無くても売れる。


高額商品が売れると大きな利益が残ります。モンブランの価格は普通のボールペンの1000倍ですから。そうなると、あなたの手元に残るお金は、とんでもないものになるんでしょうが、だとすると、あなたは商品でお客さんのどんな感情を満たしますか?





※『ザ・レスポンス』は、出ている内容を、よく読ませて頂いています。

モンブランという高級品を通して、高くても買ってもらえるのは何故かを、しっかり携えていきます。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。