2020年10月06日

大会社・有名企業の社名の由来〔エステー〕


今日は、月刊社長のミカタ9月号(発行:エヌピー通信社)、社長のミニ雑学より【大会社・有名企業の社名の由来〔エステー〕】を紹介致します。

〔★緊急!コロナウィルス対策、業績向上支援無料個別相談、実施中(詳しくは、4/28のブログにてご確認ください)★〕





芳香消臭剤の「消臭力」、衣料用防虫剤の「ムシューダ」、除湿剤の「ドライペット」などのヒット商品を主力とする家庭向け日用雑貨・化学メーカー。

トレードマークであるヒヨコのデザインには、快適な暮らし、社員の誠実さ、爽やかさ、謙虚さといったイメージが込められているという。

社名はS(service=奉仕)とT(trust=信頼)を合わせた造語で、最高を目指す(super top)の意味合いも含んでいる。平成19(2007)年にエステー化学から社名変更した。





※インテックス大阪の催事で配布されていた、経営者向けの新聞からです。

トレードマークのヒヨコの意味や、社名の意味が、よく解りました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。