2009年01月23日

日本がこれから見本にする国は?

数日前の夜遅めのニュース番組の中の、特集を観ていた時の事です。

この数ヶ月前から急速に減退している日本の景気を、いかに対処・対応するべきか、とのテーマで、池上彰さんがある国に訪問し、現地レポートしていました。

その国とは・・・あの、カリブ海に浮かぶ島《キューバ共和国》です。

なぜキューバなのか?暫く、池上彰さんのレポートを、目を丸くして観ていました。

昔、スペイン、アメリカに翻弄されたキューバ共和国は、やがてアメリカからの経済制裁を受け、ソビエト連邦が崩壊してから、ロシアからの原油輸入の途も閉ざされたとの事です。

完全に孤立し、外部からの供給もなくなったキューバは、自国自立の方法をとる事となり、国民の持ち前の明るさで田畑を耕し、ライフラインの復旧やインフラ整備に務めたそうです。

国内の映像も流れていました。40年程前位の自動車が走っていました。古い建造物でしたが、生活が出来ていました。社会主義国なので、病院と学校は、お金がかかりません。現在の農作物の自給率は100%だそうです。

現地レポートの中で、社会主義国と資本主義国の違いこそあれ、これからの日本は、見習うべき所はあるのではないか、と締め括っておられました。

贅沢を止めて、物を大切にする気持ちが、今以上に増しました。



この記事へのコメント
贅沢はだめですね。しかし豊かなのは大歓迎です。
特に心や人間性が豊かなのは素敵です。
心は自給率100%でありたい。そんな人になりたいですね。
Posted by 一語一笑(つとむ) at 2009年01月23日 15:38
一語一笑(つとむ)様

訪問有り難う御座居ます。私は『心と人間性は豊か』です。

それは、一語一笑(つとむ)様を初め、皆様との御縁とお付き合いの長さや濃さのお陰です。

先程、姫路の自営業の方とお話しておりました時も「この不況の御時勢に、前向きで元気で居れるのは、ポジティブな皆様との御縁」と話しておられました。

有り難う御座居ました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年01月23日 16:58
小学生の頃(30年前)は、まだ祖母が味噌を自家製で作っておりました。
昔は各家で味噌を作っていたので、それぞれ味が違い「おふくろの味」だったんですね。

誰かがやってくれること(生活を支えてくれること)に期待せず、自分のできる事をやる。
当たり前と言えば当たり前ですが、作り出すプロセス自体を楽しんで物を大事にしたいですね。
Posted by 伊集院雅人 at 2009年01月23日 20:08
伊集院雅人様

訪問有り難う御座居ます。
おふくろの味・・・懐かしいですよね。そう言えば、この言葉、あまり使われなくなりましたよね。

プロセスを楽しむのは、どんな事でも同じですよね。

なんでもそうですが、手作り感に触れる事が出来る生活や仕事が、より現実化出来ると嬉しいですね。

有り難う御座居ました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年01月23日 20:32
ものを大切にするきもちは、持ち続けたいと思います。
仕事中はつい忘れがちで、反省ばかりですが、
物があることよりも、心があることを優先したいです。
Posted by 一ノ坪英二 at 2009年01月23日 20:52
やっと見つけました。ブログ
手作り・・・私が結婚して佐伯家に嫁に来た時は
もちろん味噌を作っていました。
こうじと塩を手でもむのですが塩で手がヒリヒリした
覚えがあります。また、かんぴょうも家で栽培して皮をむき
中から削り干すのですが・・・だんだんしなくなりましたね。
世の中が裕福になり、手間をかけなくなったのでしょうね。
Posted by 佐伯久美子 at 2009年01月23日 21:39
一ノ坪英二様

訪問有り難う御座居ます。
『物があることよりも、心があることを優先したい』は、感動です。

物作りの経営者であるにも関わらず、逆にこの言葉は、素晴らしいです。

いかに様々な事案に、柔軟に対応し、鋼鉄の判断が出来、行動出来るかが、肝要ですね。

有り難う御座居ました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年01月23日 22:23
佐伯久美子様

訪問有り難う御座居ます。
世の中が飽食の時代に突入し、贅沢になっていると思います。

昔の節約、つまり“始末する”事が、これから必須なんでしょう。

有り難う御座居ました。

これからも、訪問して下さい。
Posted by 牧野眞一 at 2009年01月23日 22:53
昨日キューバのゲバラの活動の映像を見ていましたが、本当に男としてカッコイイ 生き方がすごいですね
日本は何も昔の不便な生活に戻る必要は無いと思いますが、何もかも初めからあると、あるのが当たり前になってしまい感謝の気持ちも薄れていってしまうとも思います
皆さんが言われている、家庭の手作りの味噌などはありがたいなー・・と感じるはずです
心の豊かさを求められている時代だとも思います
Posted by 尾上 正です at 2009年01月24日 06:20
尾上 正様

訪問、有り難う御座居ます。『何もかも初めからあると、あるのが当たり前になってしまい感謝の気持ちも薄れていってしまう』のは、同感です。

尾上様には、心の豊かさを感じます。激務を乗り越えて、今を掴んでおられるのだなぁ、と思っております。

これからも、お気軽に訪問下さい。楽しくて、面白くて、勉強になるような内容を趣向を凝らして出してまいります。

有り難う御座居ました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年01月24日 09:48
ものを大切にしないという言葉、心が痛みます。

自分の胸に当てれば、いかにものを大切にしていないのかが考えることはあっても、後回しにしている自分がいることの弱さ、愚かさを感じます。

マイ箸にチャレンジしてみようかと思います。
Posted by 晴山 力 at 2009年01月24日 10:08
晴山 力様

訪問、有り難う御座居ます。早速の訪問、感謝致します。

マイ箸も良いですね。やろうと決めたら、即実行ですね。

私は、怠け癖がありますので、すぐやるか手帳に書き留めるかしないと、忘れてしまいます。

次に御会いした時、マイ箸を見せて下さいね。

これからも、宜しくお願い申し上げます。

有り難う御座居ました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年01月24日 10:19
農業には大変興味があります。
3年前に、ある方から畝を借りて野菜づくりに挑戦をしたことがあります。
いろいろ苦労をし、何とか成功し、近所の知り合いに配れるような野菜もできました。水耕栽培にも興味があり、素人の浅はかな考えで、工場の空きスペースを借りてやることができないかなと考えたこともありました。
また畝を借りて、野菜づくりをやってみようかなと思っています。
Posted by 北島 俊彦 at 2009年01月25日 08:48
 牧野さん、ブログ立ち上げおめでとうございます。
 「自給率」の話で、我が家では、昔から店屋物を買わない習性があります。家が食堂であったことも影響していますが・・・。息子達が結婚して独立し、大家族で無くなった今での、手作りの「おふくろの味」にこだわっています。我が家の「おふくろの味」NO1は、「餃子」と「コロッケ」ですよ。孫も大喜びで、おだてられると毎日曜日に、せっせと作っています。手作りだから安心で、家族の絆ができ、食事が楽しく、家族団欒の和やかさがあり、ホッとする一時です。
Posted by 杉山 久美子 at 2009年01月25日 10:18
北島 俊彦様
訪問、有り難う御座居ます。何故か、わかりませんが、訪問して頂いた分の転送が携帯電話に来ず、気が付きませんでした。御返事が大変遅くなってしまいました事を、深く御詫び申し上げます。

北島様が、農業に興味を御持ちな事、存じ上げませんでした。かなり詳しいのですね。

私の家内の実家では、玉葱と米をやっていて、玉葱の収穫時に、手伝いに行った事が何回もありますが、出来た時の喜びの大きさと言ったら、計りしれないものがあります。

野菜の栽培が出来ましたら、又見せて下さいね。

又、お気軽に訪問して下さい。次回から、このような不手際が無いように致します。

有り難う御座居ました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年01月28日 19:48
杉山久美子様

訪問、有り難う御座居ます。杉山久美子様の、この訪問分も、センターからの携帯電話への転送がなく、気が付きませんでした。御返事が遅くなり、申し訳ありません。家が食堂だったのですね。今、この時期に、手作りの「おふくろの味」を作られるのは、お子様やお孫様からしたら、感無量だと思います。私は「餃子」と「コロッケ」・・特に餃子は大好物です。今度作って下さい(笑)。家族の絆ができるのは、最高ですね。手作り料理を囲んでの食事は、昔ながらの家族団欒の楽しさの原点ですね。私は、京都営業道場が、一つの大きな家族みたいな感じがしております。

今後は、このような不手際が無いように致します。

今後共、宜しくお願い申し上げます。

有り難う御座居ました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年01月28日 20:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。