2009年02月10日

“無駄遣いも必要”に学ぶ



放送作家の小山薫堂さんのインタビューの“安さだけで買うな”の続きで、御本人がおっしゃっておられました内容です。



「作家の池波正太郎さんは、タクシーに乗ると必ずチップを渡していたそうです。運転手さんは嬉しくなって次の乗客に愛想良くなる。その乗客は気分が良くなり、降りた先で気持よく人と接する。自分が渡したお金から小さな幸せが連鎖して広がっていくのです。景気対策で支給される定額給付金で、そうした無駄遣いをしてみたらどうか。どうしたら人に小さな幸せを与えられるか考えて使ってみる。そこから新しい絆が生まれるかもしれない。」



「私はかつて、ソニーが発売した犬型ペットロボット《AIBO(アイボ)》を3台買いました。ソニーの挑戦する姿勢に拍手する気持ちでした。それで得した事は、特にありません。いつか孫に自慢する位でしょう。しかし、ロボットの未来に投資をしたと満足しています。」



・・・無駄遣いをしたいと思わせるには、企業の努力も必要では・・・との質問には



「客が来ないのは、不況のせいばかりとも言えません。消費者が買わなくなったとしたら、理由がある。例えば日本の伝統工芸品。職人芸の継承に繋がる点からも、いい無駄遣いの対象だと思いますが、時代に合ったものを作っているかが問われます。最近、ワイングラスに漆で名入れをするサービスを利用した事がありますが、そういった時代に合った新しいものを企画するプロデューサーも必要でしょう。」



時代や時勢を先読みし、“徳積み出来る仕事”が出来れば・・・そして、消費は“生き金と死に金”を、わきまえて使う、と言う事なんでしょうか。



この記事へのコメント
私の仕事として講師業があります。今年の新入社員研修のメニューは今までの内容に一工夫しています。正に時代のニーズを先取りしてのご提案です。おかげさまで、お客様から喜んでいただいており、研修を受講した新入社員さんが、研修の成果を実践で発揮してもらえたら、本人も相手さまもハッピーになりますね。「善循環」効果を産み出す趣向が必要な時代ですね。
Posted by 杉山 久美子 at 2009年02月10日 10:08
杉山久美子様

訪問、有り難う御座居ます。“時代のニーズを先取りしてのご提案”は、素晴らしいです。さすが、杉山久美子様です。正に『WINWIN』ですね。

時代を先取りした先駆者として有名なのが、HISの澤田会長ですね。

今度、“時代を先取りした提案”を、こっそり御教え下さい。

私は“皆様が気がついていない、よく考えたら解る話”を、させて頂きます。

有り難う御座居ました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年02月10日 10:43
・・・無駄遣いをしたいと思わせるには、企業の努力も必要では・・・
についてですが、今、自分にできる事(持っているもの)に注目し、「どういうシチュエーション」で「何と組み合わせれば」価値が最大限発揮されるか?という視点が最も重要ですね。

誰かが上手くいっているのを見て「あの人(会社)はイイなぁ」「自分にもそういうチャンスがまわってこないかなぁ」「儲かりそうな商売はないかなぁ」という人には日は当たりません。

まさに杉山さんが仰っているように「ひと工夫」が大切です。
隠し味やスパイス、盛り付け、器によって料理全体の価値が最終的に決まってしまうように、自分と自分の商品(価値)をどう活かすか、最後の「ひと工夫」です。

ちなみに、そのあたりの具体的なお話は感動会社楽通の田村慎太郎さんが得意分野ですよ!!
Posted by 伊集院雅人 at 2009年02月10日 12:34
伊集院雅人様

訪問、有り難う御座居ます。

善循環されている方々には、皆様、共通点がありますね。「ひと工夫」は、非常に大切だと、皆様同意見ですね。

そして何より伊集院雅人様らしいのは、『具体的なお話』として、楽通の田村慎太郎様を前面に出すあたり、絶妙ですね。

有り難う御座居ました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年02月10日 14:05
定額給付金がいただけたら、私の趣味に使いましょう。こだわりの陶器のコーヒーカップを買うことにします。きっとそのコーヒーカップを見ると思い出すのでしょうね。「定額給付金」で買った事、そして、ブログに書いたこと。
2兆円の定額給付金、日本中に循環できれば、いいですね。
たまには、無駄遣いをしましょう。
Posted by 佐伯久美子 at 2009年02月10日 21:10
佐伯久美子様

訪問、有り難う御座居ます。具体性のある話、有り難う御座居ます。『こだわりの陶器のコーヒーカップ』、何個も買えたら、嬉しいですね。

明日も、宜しくお願い申し上げます。

有り難う御座居ました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年02月10日 22:23
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。