2009年02月18日

9・11テロと魔数「11」


ちょっと、ゾクっとする話です。数字には、特定の意味や象徴性が含まれています。

日本でも「4」「9」は、ネガティブ要素の慣習があります。海外では「11」がその数字にあたり、ニューヨークの世界貿易センタービルに対する航空機自爆テロ事件に始まるアメリカ同時多発テロは、「11」と言う数字が不吉な意味を象徴しているのです。

あの事件は、2001年9月11日ですが、先ずこの日が11日、9月11日の9+1+1が11、又事件の起きた世界貿易センタービルは、双子のツインタワーであり、遠くから見ると数字の11、そして、2001年の元旦から数えて254日目にあたります。これも、2+5+4が何と11、9月11日以降の2001年の残された日数は、365−254で111日となります。

更に、世界貿易センタービルに最初に激突した航空機は、偶然11便、乗っていた乗客は92人だったが、9+2で足すと11になるのです。激突した2機目には65人の乗客、これも6+5で、やはり11になります。

事件が起きたニューヨーク州は、アメリカで11番目の独立州で、被害を受けたニューヨークシティ(NEW YORK CITY)と、国防総省(THE PENTAGON)は、共に11文字、事件に関連のあった国アフガニスタン(AFGHANISTAN)も、11文字です。

実は、過去に世界貿易センタービルでテロを起こした犯人ラムジ・ユセフ(RAMZI YOUSEF)の名前も11文字なのです。



皆様、この偶然を、どう考えますか?あながち、ただの偶然とは思えない気がします。



この記事へのコメント
いきなり反論でスミマセン。

これは「全くの偶然です」
現在の社会情勢を「ピンチ」と解釈すれば「その理由」を見つけます。
逆に「チャンス」と解釈すれば「その理由」しか目につかなくなります。
ただそれだけです。

1例だけに注目した場合、いかなる特殊性も成立する可能性があります。
つまり1例から仮説をたてることは出来ますが、1例だけで全体像を把握するには無理があります。あてはまらない事例(反証)1つで否定されてしまいます。

時計で「3:33」、車のメーターで「33333.3km」と2つも目にする機会が重なったのでパチンコに行ったら3連チャンしたという内容と同じです。
.確率が350分の1でも3回連続することはありますが、時計とメーターが一致したから3連チャンしたという因果関係はありません。

いかがでしょうか。反論もお待ちしております。
Posted by 伊集院雅人 at 2009年02月18日 07:47
伊集院雅人様

訪問、有り難う御座居ます。反論では無いですよ。180度、対極の考え方です。気になさらないで下さい。

今回は、投稿を迷ったんです。ちょっと題材が悪かったのも、あります。

少し言い訳をさせて頂くと、こういうジャンルも、趣向が違っていいかな、と思いました。

今回の場合、悪い内容の偶然を並べて「怖いなぁ」と恐怖心をあおるだけになってしまっています。それと“1例だけで全体像を把握するには無理がある”訳ですね。

時計や車のメーター、パチンコの3つの例は解り易いです。

はっきりしている事は、プラスの偶然(良い事)は、必然として思い込んだら良いですね。

今回と、真反対気味の内容も、用意しております。近々、出させて頂く予定です。

宜しくお願い申し上げます。

有り難う御座居ました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年02月18日 09:06
お世話になります。

不吉な数字があればこそラッキー7や末広がりの8に有り難みを感じるということですね!

僕は「27」年前、営業マン「27」人でスタートした会社に、そのスタートと同じ月の新人「27」人の一人として今の会社でのキャリアをスタートさせました。
この数字にただならぬ運命を感じるのも数字に魔力があるからでしょう。

なんでも前向きに捉える為の先人からの贈り物ですね!
Posted by 徳永 光之 at 2009年02月18日 14:10
徳永 光之

訪問、有り難う御座居ます。
今回のお題で、ラッキー7や末広がりの8に有り難みを感じて頂いて、感謝しております。

徳永様は「27」の数字に運命を感じるのが、あるのですね!

私は、誕生日に「4」「1」の2つしか付かないので、この数字を大切にしております。

有り難う御座居ました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年02月18日 15:50
徳永光之様、ブログを御覧の皆様

先程、徳永光之様への御返事コメントに『様』を付けるのを、入れそびれました事、深く御詫び申し上げます。

牧野眞一
Posted by 牧野眞一 at 2009年02月18日 16:51
牧野様

とんでもない!
気になさらないで下さい。

むしろ、直ぐ気付いて頂いたことに感謝致します。

有り難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2009年02月18日 18:37
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。