2009年03月17日

“がん撲滅100円ラーメン”


昨日の朝、ついていたテレビを何気なく観ていて、心を突き動かされました。


東京、品川区ラーメン店『みに亭』を経営する森下延子さんは、年に一度、ラーメンを100円で提供しています。

そして、その売上金と、お客様からの募金を『がん研究振興財団』に寄付しています。これは、15年前から続けていて、実施時期は、毎年3月の第3日曜日だそうです。

なぜ、このような事を続けているかと言うと、森下延子さんは、92年に歯茎に腫瘍が出来て、6時間の手術を受けました。当初、がんの疑いがあり、顔を手術する不安も、あったそうです。

同じような辛い思いをしている人を助けたいと、2年後より寄付を始め、弟さんをがんで亡くしてから、がん撲滅意識は一層強まりました。

こうした活動は、徐々に常連客さんにも知られるようになりました。

森下さんは、インタビューで「最近は、原材料費が高騰し、100円ラーメンは厳しい状況だが、これからも続け、少しでもがん撲滅の役に立ちたい」と、おっしゃっておられました。



素晴らしいと、思います。まさに、社会満足・世間満足の為の地道活動だと思います。感動しました。

我々も、何か出来る事からコツコツやっていけたら、社会貢献になりますね。



この記事へのコメント
自分の仕事について「どこの」「誰に」「どう」役立っているのか考えると面白いですよ。

自分の為ではなく、「誰かの為」を意識した時、何か特別の事をしなくても社会貢献になりますね。
Posted by 伊集院雅人 at 2009年03月17日 08:16
伊集院雅人様

訪問、ありがとうございます。

常に御自身以外の『誰かの為』に動いている伊集院様だからこそ、直ぐにひらめいて、行動出来るのだと、思います。

日曜日にも、沢山の気付き・学びを得る事が出来ましたが、ワンランク上のレベルに上がる為、これからも、精進・鍛練を継続してまいります。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年03月17日 09:59
毎度お世話になります。一ノ坪英二
すばらしいことですね。ラーメン屋さんの店主の行動そのものが、
他の人に与える影響が大きいのですね。
社会満足・世間満足いい言葉です。
地道に頑張りたいです。
Posted by 一ノ坪英二 at 2009年03月17日 20:48
一ノ坪英二様

訪問、ありがとうございます。

地道で地味な活動が、やがて時間を経て、人々の信頼を得るのだと、思います。
これだと言う事を突き進めて行く事で、結果として突き抜けるのでしょう。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年03月17日 21:51
お世話になります。

想いを伝えるために、自分の出来ることで行動に移す。

何か特別なことでなくても続けることが大事なのですね。

有り難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2009年03月18日 09:16
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

『自分の出来ることで行動に移す』これが、一番ですね。

“凡事徹底の継続”が、究極の“突き抜け人間”に変身出来ると、思っております。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年03月18日 10:18
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。