2009年03月24日

‘価値観’について



価値観を変えて、『ものの見方を違う角度から観てみると良い話』を、一つ御紹介致します。




もしも、店頭に片方の耳が欠けた招き猫が置いてあったら、あなたは買おうと思いますか?

普通は買いたいと思いませんよね。

でも、実際に販売したお店があるのです。しかも、値引き無しで。

この話は、店員が商品の招き猫を床に落としてしまった事から始まります。

その店員は、それが原因で、耳が欠けた招き猫を持って、正直に社長に謝りました。

すると、社長はこう言いました。「この招き猫、売れないかな?」

店員は、すぐさま「落としたのは、私で申し訳ないですが、これは不良品です。買う人は、いませんよ。」その言葉に社長は燃えたとの事です。

さて、社長は、どうやってこの耳が欠けた招き猫を売ったと思いますか?





社長は、一晩考え、一枚のポップを作りました。

そのポップには『私は淋しがりやの子猫です。私は○月×日に事故に遭い、片方の耳が欠けてしまいました。私には家族がなく、独りぼっちで、毎日淋しい日々を過ごしています。でも、本当は明るい性格なんです。こんな私で良ければ、誰か貰ってくれませんか?』と言った内容が書かれていました。

そして、そのポップを耳が欠けた招き猫の近くに貼りました。

暫くすると、ある年配の女性がその招き猫をじっと観て、手に取りレジに持って来ました。

店員は「すみません、お客様。これは耳が欠けていますので、新しいものと、お取り換え致します。」と、言いました。

すると、その女性は「事故に遭った淋しがりやの子猫ちゃんは、この子でしょ?」と言って買って行ったそうです。

その日のうちに、招き猫は、売れてしまいました。

人それぞれの価値観は違います。

それに気がつけば、いろんなチャンスが広がってくると思います。

自分の視点だけでなく、お客様目線で価値観を見つける目を、養いましょう。




※ものの考え方を、様々な方向から研究すると、思いもかけない答えが、出てくるかもしれませんね。



この記事へのコメント
その場面で「どんなチャンスがあるか」という面にフォーカスすると可能性が見えてきますね。足が1本折れた椅子を全ての足を短くし「坐椅子」として販売した事例を思い出しました。

毎日が訓練。チャンスに満ちた1日が始まります。楽しんでいきましょう!!
Posted by 伊集院雅人 at 2009年03月24日 07:30
伊集院雅人様

訪問、ありがとうございます。“チャンスを見逃さないフォーカス機能”を、カメラ同様、人間も持つと、感性が磨かれますね。『足が1本折れた椅子を全ての足を短くし「坐椅子」として販売した事例』も、素晴らしい逆転の発想です。

昨日今日と、伊集院雅人様から頂いた文章には、覇気と躍動感があります。

元気を与えて下さり、感謝しております。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年03月24日 07:46
お世話になります。

人それぞれ価値観は違う。

忘れてはだめですね。売りたい思いが先行すると、つい忘れてこちらの思惑ばかり押し付けてしまいます。

お客様目線で価値観を見つける目を養うために、常に心に余裕を持っていたいものです。

ありがとうございました。
Posted by 徳永 光之 at 2009年03月24日 12:30
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

価値観の違いは、2:8の理論とか、3:4:3の法則で言われていますが、7割以上は、自分と価値観が違うと言う認識で、様々な行動に挑むとよいですね。

“お客様目線”がいかに大切かが、わかりますね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年03月24日 13:27
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。