2009年03月28日

WBCを終えて・・・一言



野球のWBC(ワールドベースボールクラシック)を終えて、日本が世界一フィーバーに狂喜しましたが、気がついた事が、何点かあります。



○原監督が、侍ジャパンの面々を、初めて招集した時のミーティング時の言葉です。

☆『マイナス発言を外に向けて漏らさない事を、約束して下さい。』・・・登録選手は、全員第一線の一流選手。ただ、試合は9人(ピッチャー入れたら10人)しか出れません。『なんで俺は出れないのか』『あいつばっかり』とか不平不満を避け、士気を高めたのです。



○イチロー選手が、世界一を決めて、記者会見で言った言葉です。

☆『侍ジャパンと言うネーミングは、最初重圧になった。アイドルが可愛くなくてはならないように、侍は強くなくてはならない。それが、やっと強くなれてホッとした。』・・・ネーミング効果はあったものの、重圧は計り知れないものだったと思います。特にイチロー選手は“打って当たり前”、相当しんどかったようですね。この言葉で、うかがい知る事が出来ます。



○WBCの、日本を応援するファンの皆様が、選手を呼び捨てにしているのが、耳に付いて離れませんでした。『イチロー』『松坂』『原』・・・なぜ、呼び捨てなのか、“様”までは付ける必要も無いでしょうが、せめて『イチロー選手』『イチローさん』とか『原監督』『原さん』と言って欲しいような気がするのは、私だけでしょうか?野球選手は本名で、相撲の“しこ名”やプロレスの“リングネーム”とは違いますからね。





※皆様は、何かお気付きになった事、ありますか?



この記事へのコメント
いつも感じていました「なぜ呼び捨て」にするのか・・・と
子供達が多く見るプロ野球なのにマスコミが礼儀の見本を示さないと

子供達の憧れの選手が「呼び捨て」こんな姿に何を感じているか不安です
いま「躾」が問題にされているのに、WBCでは特に気になりました。
Posted by 進藤幸男 at 2009年03月28日 07:59
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。全く同じお考えを御持ちでしたので、とても嬉しいです。私も、常に感じていました。

次の時代担う子供達の為には、“呼び捨て”はあってはならない事です。

このブログに、いつも書き込みをして下さる、杉山久美子様も、おっしゃっておられますが、我々が“出来る事・すべき事”をコツコツと実行・実践・指導して、後進の方々に示していく必要性が大いにあると、思っております。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年03月28日 08:19
今の時代は昔と違って「憧れのスター」がでにくくなっているのでしょうが、スター選手自身はもちろん、マスコミ・報道や私たちも襟を正すことが大切だとも思います

スターの人が少しスキャンダルがあると手のひらを返したように、袋叩きにしてしまう・ネタになるのなら何でもあり・・では、人を人と見ていないような気がします
Posted by 尾上 正 at 2009年03月28日 08:44
尾上正様

訪問、ありがとうございます。マスコミ・報道・私達が襟を正す事は、賛成です。

“ネタになるのなら何でもあり”が、マスコミ界には蔓延していますね。

それを観る視聴者の絶対数があるから、マスコミも採り上げるのでしょうね。

我々の業界も、マスコミのあおりで、困惑していますが、我々側にも非は無いとは言えない部分は、あります。

何とか良い世の中にしていきたいですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年03月28日 09:09
敬語の使い方での笑い話しがあります。敬語の美化語で「お」や「ご」をつけますね。特に京都は「揚げ」や「豆」などに「お揚げさん」「お豆さん」など、「お」も「さん」も付けますよ。
孫が朝食を食べている時に、ママが「吾望(あもう)、お揚げさんのおみそ汁美味しいから、しっかり食べて」・・・・と言いました。孫はすかさず私に「おばあちゃん、ママはおかしいよ。僕の名前を呼び捨て(あもう)にして、どうして揚げに「お」をつけて、「さん」までつけるの?」・・・・・と。
孫にしてみれば、名前には「さん」をつけて呼んで欲しかったのです。
相手を思う気持ちから「さん」をつけるのが大切ですね。
もうひとつ、よく名前を「君」で呼ぶ人が居られますが、ちなみに「君」はセクハラ用語とされていますよ。目上の人(上司)が目下(部下)に向かって使われることが多いですね。気をつけてくださいね!
Posted by 杉山 久美子 at 2009年03月28日 10:07
杉山久美子様

訪問、ありがとうございます。敬語の使い方の美化語「お」「ご」は、そういう話ありますね。

お笑いの漫才のネタでも、海原やすよともこさんが使っています。この中では「飴ちゃん」「ウンコちゃん」が出て来ます。

「君」がセクハラ語だったとは、存じ上げませんでした。又一つ勉強致しました。ありがとうございます。

ちなみに、私は「君」を使う事は、皆無です。使っていなくて、胸を撫でおろしています。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年03月28日 10:19
マスコミ、テレビの影響は大きいと思います。
「さん」づけをして欲しいですね。
新聞にもございましたが、
「まじっすか?」「わたし的には…」の会社での使用が気になっております。

しかしながら、私がだんだん慣れて来たような感じもいたします。
あちこちで聞くようになったからでしょうか?
以前は注意したかもしれませんが、最近はそこまで思いません。
でも、上司部下、目上目下の言葉使いは気をつけたいです。
自分から、乱れないように頑張りたいです。 
Posted by 一ノ坪英二 at 2009年03月28日 21:06
一ノ坪英二様

訪問、ありがとうございます。マスコミ、テレビの影響は本当に大きいですね。
若い方特有の言い回しは、日本語の持つ美しさを蝕んでいるような気が致します。

上司部下、目上目下の言葉使いはこれからも、是非気をつけたいです。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年03月28日 22:10
できるだけ人の名前は年下の方でもさん付けで呼んでいますが、ある人が君

付けで呼んでいるので、私も思わず君付けで呼んでしまったこともあり、今後

は気をつけます。有難うございます。

私が感動したのは、原監督が韓国との決勝戦で9回で同点にされてもダルビ

ッシュ投手に投げさせ続けたことです。

監督の選手を最後まで信じきる態度には、本当に感動しました。

人を信じ切るということはなかなかできることではないと思います。

営業としてお客様に最後まで信じ切って頂けるようになったら最高に幸せで

す。有難うございました。
Posted by 北島 俊彦 at 2009年03月29日 00:30
北島俊彦様

訪問、ありがとうございます。名前は年下の方でも『さん付け』で呼んだほうが良いですね。

もう、かれこれ10年程前から、私自身で作った法則があります。

それは『歳上の人は、人生の先輩で尊敬する・自分より先に組織(会社や団体)に入っている人は、歳下でも業務上の先輩で尊敬する・自分と違う事をする人(仕事の職種など)は、後から入った人でも尊敬する・女性を尊敬する』・・・この4点です。従って、私の周りの方々概ね全てを尊敬の念を持って“様”とか“さん”とか“先生”と呼ばせて頂いております。

WBC時の原監督を採り上げてお話を頂き、ありがとうございます。

今回、監督を誰にするかで、物議をかもしましたね。原辰徳さんでは、荷が重いのではないかなどと、あちこちで酷評をしていた方々もお見受け致しましたが、立派に撥ね退けて世界一を獲得されました。

監督の、“選手を最後まで信じきる態度”が正に成功を呼び寄せたと思います。実際の采配もバッチリ的中した場面が多々ありました。

これを、良い手本・見本として取り入れていきたいと思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年03月29日 07:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。