2009年04月16日

結婚記念日に考える


今日は、4月16日です。今日は、私と妻の結婚記念日です。


今日で、丸15周年です。改めて、15年前に言っていた事を思いだしました。


過去言っていた事で、今もうなずける事は、‘嫁を食べ物に例えた場合、何か?’と、言う事でした。


世の中には、様々な美味しい料理があり、戦後生まれの私は、特に食べ物に困る事なく育ちました。


皆様の好きな食べ物は、何でしょうか?私は、お寿司・お刺身・餃子・カレーライス・すき焼き等、沢山あります。


しかし、これらのお料理に必ず付いているもの又は、あって当たり前のものは、一体何でしょう?


もう、お解りですよね。そう、白ご飯なんです。私は『嫁さんは、白ご飯のような存在が良い』と、周りに言っていた事を、思いだしました。側に居てくれないと、自分が駄目になってしまうんです。今だに、その考えは変わっていません。


つまり、料理を引き立てる役割をするが、目立つ事はない、しかし無いと食べた感触が充分味わえないんです。


更に、白ご飯はカレーをかけたらカレーライス、玉子でとじたら玉子丼、それに豚カツを乗せたらカツ丼です。ふりかけをかけても美味しく頂け、お味噌汁とか、たくあんがあったら、白ご飯何杯もいける人、いてますね。握ったらおにぎり、上に刺身乗せたらお寿司です。何にでも合わせられる、変幻自在な存在なんですね。


白ご飯って、そんな大切な存在なんですね。私は、そんな白ご飯のような奥さんに恵まれて、幸せです。



ありがとう、私の奥さん!



この記事へのコメント
15周年、おめでとうございます

奥さんは白いご飯ですか
ご飯があっての食事ですものね

全てのおかずを引き立たせるスターですね
私たちの体を動かし、作っている一番大事なものとも言えます

奥様への想いをずっと変わらず持ち続けておられる姿は
本当に素晴らしいです
Posted by 尾上 正 at 2009年04月16日 06:51
尾上正様

訪問、ありがとうございます。

これも、よく周囲の方に言っておりますが、妻は私の暴走を止める、良質のブレーキパットです。

白ご飯は、良妻の象徴のような気が致します。

これからも、支え合って生きていきます。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年04月16日 07:04
15回目のご結婚おめでとうございます。

新たに15回目の新婚生活のスタートですね。頑張って下さい。

また遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます。

「白ご飯」はなるほどと思います。よく空気のような存在とも言われますが、

「普段はあってもその存在に気づかず、なくては生きられない存在」ということ

ですね。

いつまでも大切にして下さい。

素敵な気づきを有難うございます。
Posted by 北島 俊彦 at 2009年04月16日 09:58
お世話になります。

15周年おめでとうございます!

白いご飯、日本人にとってなくてはならないものの代表ですね。

奥様をそう例えられる牧野様夫婦、素晴らしいと思います。

お客様の田んぼのお手伝いをさせて頂いたときに感じたことですが、米を育てるには、時間と手間、愛情がないと出来ません。
夫婦関係も同じなのでしょうね。

有難うございました。
Posted by 徳永 光之 at 2009年04月16日 11:27
北島俊彦様

訪問、ありがとうございます。

新たな15回目の新婚生活のスタートとして、肩肘張らずやっていきます。

普段は意識しにくいが、肝心な時、ありがたい存在ということです。

ありがとうございました。。
Posted by 牧野眞一 at 2009年04月16日 11:37
徳永光之様

訪問、ありがとうございます。

なんとか15周年になりました。10周年の時、何も出来ませんでしたが、今回はプレゼント出来ました。

田んぼのお手伝いをなさった事あるのですね。米に限らず、育てる事は、手間暇や愛情が要りますね。


夫婦も同じでしょうね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年04月16日 11:49
結婚15周年おめでとうございます!!

奥様への感謝の気持ちがすごく伝わってきました。

いいご夫婦ですね。

私も結婚したら、奥さんへの感謝の気持ちを伝えられる
そんな自分になっていたいです。
Posted by 晴山 力 at 2009年04月18日 01:43
晴山力様

訪問、ありがとうございます。

妻には日々、感謝です。

結婚は、いいですよ。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年04月18日 03:41
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。